デビッドカード解約をするときの注意点とは

デビットカードおすすめですが、使ってみると結構便利なものです。デビットカードのメリットとは、大きく3つがあげられるでしょう。一つ目はクレジットカードとは異なって使いすぎる心配がないことです。2つ目は同じくクレジットカードとの比較ですが審査不要です。3つ目は現金払いとの比較なのですが、ATMを利用して引き出す頻度が減る、その手数料を払わなくて済むということがあげられます。
このように便利なデビットカードではありますが、もちろん人によっては結局のところあまり使わなかったという人もいるかもしれません。そのときは解約することになりますが、その際の注意点をあげておきます。最も注意しないといけないのが銀行口座そのものとの関係です。銀行口座とデビットとは紐づいていますから、デビットだけを解約して銀行口座は残すのか、それとも銀行口座ごとやめるのかを選択しないといけません。
銀行口座ごとやめる場合は、当然ながらその銀行で自動引き落としになっていたような支払いはすべて別の銀行口座に変える必要があります。その手間がかかることは覚悟しておきましょう。
一方で銀行口座は残す場合はもちろんそれで構いませんが、問題はキャッシュカードです。キャッシュカード一体型のデビットの場合、デビット機能だけを止めるということができない場合があり、そうなるとキャッシュカードを再発行してもらう必要が生じるでしょう。その手数料がかかる場合があることが注意点になります。

Comments are closed.