貸金業法に基づくおまとめローンの解説

おまとめローンは複数の金融機関から借りているお金を一本化するためのローン商品です。高い金利が適用される小口融資をまとめて高額の融資を受ければ、適用される金利も低くなりますので、借金の支払いが少しでも容易になるのがこの商品の魅力です。現在銀行や消費者金融など多くの金融機関で、このおまとめローンが販売されています。
またおまとめローンの魅力は、借金をひとまとめにできるだけではありません。貸金業法に定められている総量規制の対象外にもなる可能性があるのです。総量規制とは年収の3分の1を超える借り入れができないことを定めたものですが、これには例外規定があります。それは借主に一方的に有利となるような契約に対しては、この総量規制が適用されないということです。おまとめローンをうまく活用できれば、低下した金利により、それまでよりも借金の総支払額を抑えることができます。つまり借主にとってはメリットしかないローン商品と認められるかもしれないのです。これによって現在は総量規制により新たな借り入れができなくなっているという人も、おまとめローンなら契約することができる可能性が広がります。
もっともおまとめローンは返済専用のローンとなっている場合も多く、借金返済以外の目的でキャッシングしたい人にとっては不向きです。そもそも貸金業法の総量規制は多重債務に陥ることを防止するために設けられた制度ですので、その例外となるおまとめローンを利用するのであれば、借金を完済する覚悟が何よりも必要です。
おまとめローンで借りるおすすめポイントとは? 賢く借りる選び方はこちら

Comments are closed.